DSC_0087ー

阿倍野区の「文の里商店街」はちょっと寂れた商店街。
なんだけど、電通の若手クリエイターたちが各店舗に秀逸なキャッチコピーをつけ、ポスターにしている。店主の人柄、店の歴史が滲みでていて1枚1枚読み込んじゃうんだよなあ。

 



P5239680

DSC_0109

あべの区にある「文の里商店街」はちょっと寂れた商店街。特にこれといった観光スポットがあるわけでもなく、地元の人だけが利用する場所だ。シャッターの上がらない、閉店した店舗もちらほらとある。
本来ならスポットライトを浴びないひっそりとした商店街だが、2014年とあることで話題になった。



DSC_0091

それが、店々の軒先にぶら下がるポスターだ。
たとえば、鶏肉専門店「鳥藤商店」のポスターを拡大してみよう・・・



DSC_0091ー

豊満な谷間の写真に

いいムネあります。

とコピーが打たれている。
なんというインパクト。健全な男性ならば注目せざるをえない。
じつはこれ、電通の若手クリエイターたちによる試み。各店舗に秀逸なキャッチコピーをつけ、ポスターにして、寂れた商店街を盛り上げようという企画なのだ。新世界市場に続いて、2例目に選ばれたのが文の里商店街というわけ。
全部で30~40点あったのだが、いくつか気に入ったものをご紹介していこう。




■鮮魚はまぐち

P5239687

これ、スズキ。
僕、ハマグチ。


ハマグチさんの笑顔が眩しい。





■下村電気

P5239693

下村さん、テレビがつまらんのですけど。






■ブティッククロサワ

P5239699

クロがつく安い服の店いうたらクロサワや





P5239703

P5239703ー

ポスターとは関係ないけど、削り節屋さんにかつお節でつくった仏さまが飾ってあった。




■漬もんや

DSC_0099

DSC_0099ー

何度も、
何度も、
氷水に沈めた






なかでも特に好きなのが以下の2つ。

■阪和薬局

DSC_0094ー

アホにつける薬はあれへん。



■大嶋漬物店

DSC_0087

DSC_0087ー

ポスター?
はよ作ってや。死ぬで。



1つのポスター、1つのコピーで、その店の歩んできた歴史が取って分かる感じがたまらない。
ポスター眺めつつ、商店街を散策してみてはいかがでしょうね。昔ながらの味わいのある商店街ですよ。







「文の里商店街」の情報
オススメ度:★★★☆☆
アクセス:文の里駅から徒歩1分
住所:大阪府あべの区昭和町
電話番号:-
営業時間:-
定休日:-
予算:-
関連サイト:公式サイト